頭皮ケアで若々しさを取り戻す

頭皮も乾燥が大敵です

抜け毛や薄毛の予防には頭皮を清潔にすることが大切ですが、じつは必要以上に皮脂を落としてしまうのもよくありません。
頭皮も皮膚の一部です。
肌には乾燥がよくないように、頭皮にとっても乾燥は大敵なのです。
かゆみを頻繁に感じたり、フケがよくでたりする人は特に注意が必要です。
頭皮が乾燥してしまうのは、シャンプーなどで間違ったケアをしていることが原因かもしれません。
清潔にしようとするあまりゴシゴシと洗い過ぎてしまって、皮脂を落とし過ぎているのです。
皮脂には表面を保護するという大切な機能もあります。
ただでさえシャンプーの洗浄力が強いうえに、爪を立てて髪を洗ったりすると、ごっそりと皮脂がなくなってしまいかゆみやフケの原因となってしまうのです。
加齢にともない、皮脂の分泌量も減少してきます。
それまで使っていたシャンプーも、加齢による体質の変化により合わなくなる場合もあります。
刺激の少ないシャンプーで、指の腹で優しくマッサージするように洗髪するのが正しいケアの方法です。

頭皮の乾燥を防ぐ方法

頭皮が乾燥するとフケが多くなったり、かゆみが起こるなどと言うことがあります。
頭皮ケアを行うようにすることで、改善や予防をすることができますが間違った洗い方や、過剰に洗ってしまうと頭皮の乾燥は改善されずにトラブルを招くことがあります。
一番始めやすい方法としては毎日のシャンプーでのケアです。
一般的なシャンプーは洗浄力が強いため皮脂や角質層などの保湿成分まで取り除いてしまうことがあります。
そのためアミノ酸系の界面活性剤が使われている洗浄力や優しいものを使うのがおすすめです。
洗う際には爪を立てないように指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。
お湯が熱すぎると、皮脂を落としすぎてしまうことがあるのでぬるめのお湯ですすぐようにして、すすぎ残しがないように注意しましょう。
髪を乾かすときにはドライヤーを髪から少し話して、できるだけ短い時間で済ませるようにしましょう。
毎日のシャンプーを見直すだけでも頭皮の乾燥を防ぐことができるようになります。

Copyright 2015 頭皮ケアの大切さ All Rights Reserved.