頭皮ケアで若々しさを取り戻す

頭皮のかゆみの原因について

毎日シャンプーしているのに頭皮にかゆみを感じるというときには、汚れによるものではなく、乾燥を疑ってみると良いです。
頭皮も皮膚の一部であるため、乾燥肌になることがあります。
乾燥肌になると他の部分と同じく、かゆみが発生することがあります。
そのため、対策としては頭皮に潤いを与えて乾燥を改善することが必要です。
乾燥してしまう原因としては、シャンプーの選び方が悪かったり、洗い方が悪かったりすることがあります。
シャンプーそのものが頭皮と相性が悪くてもかゆくなりますので、シャンプーの見直しをしましょう。
保湿効果のあるシャンプーや添加物の少ないシャンプーなどに切り替えると乾燥を防ぐことができます。
また、洗い方も大切です。
傷付けてしまうと炎症をおこしてしまいますし、優しく洗うことが大切です。
かゆいとついついゴシゴシ洗いをしたくなりますが、それは避けましょう。
指の腹で優しく洗うことや、しっかりとすすぐことが大切です。

頭皮のかゆみを抑えられる日常生活の心がけ

日常生活の振る舞いを少しだけ改善することができれば、頭皮のかゆみを感じにくくなります。
頭皮のかゆみが発生する原因は二つあり、一つは皮膚トラブルです。
これは医療機関で治すほかなく、日常生活の振る舞いには影響されにくいです。
他方、体の活動量が皆無に等しいにもかかわらず頭皮から汗が出るようなことがあると、汗腺からの分泌物が滞留しやすくなりかゆみの原因となります。
体を動かさずとも頭皮に汗をかいてしまうのは、昼寝をしているときが多いです。
日射量が多く気温が上昇しやすい環境下で寝ていれば、汗をかいてしまうのは言わずもがなです。
さらに、枕で頭部の一部の湿度が急上昇することもいただけません。
体の活動量が多い場合よりも汗の成分が留まりやすくなるので、雑菌が繁殖する要因となり結果として頭部全体の不快感につながるというわけです。
夜間の睡眠時間を確保することによって、昼寝の時間を限りなくゼロに近くすることが大切です。

Copyright 2015 頭皮ケアの大切さ All Rights Reserved.