頭皮ケアで若々しさを取り戻す

頭皮ニキビの原因について

ニキビができる理由は、ターンオーバーが正常に行われず、毛穴に角質が溜まって皮脂も毛穴から出られずに溜まってしまい、そこにアクネ菌が増殖することによってできます。
頭皮も皮膚ですから、顔などと同じように条件が揃えばニキビが出来てしまいます。
頭皮を清潔に保つことはもちろん、生活習慣などにも注意することが大切です。
出来てしまったら早めにケアをすることはもちろんですし、できないように対策をキチンとしておくことも大切です。
頭皮を清潔にすることがシャンプーの目的ですから、しっかり汚れを落とすように心掛けましょう。
洗い過ぎは乾燥や皮脂の過剰分泌を招くのでよくありません。
洗髪は1日一度にとどめて洗い方に工夫をしましょう。
洗うときには頭皮を中心に優しく洗い、しっかりとすすいで汚れを落とし、清潔に保つようにするとよいです。
清潔にすることはとても大切ですから、ブラシなど髪に使う道具についても清潔にするように心掛けましょう。
整髪料なども地肌に付くと汚れになりますので、使い過ぎや付ける場所に注意が必要です。
ターンオーバーを正常に保つためには、規則正しく健康的な生活習慣も大切です。
睡眠不足やストレスに注意し、しっかりと眠るようにしましょう。

頭皮のニキビを解消するには

頭皮は非常にニキビができやすい部位ですが、その理由は皮脂の分泌量にあります。
ボディや顔とは比較にならないほど皮脂が多いのです。
皮脂を除去するために強力なシャンプーを使用すると、今度は乾燥を招くことでニキビを発生させます。
髪の毛がきしむような状態は、髪にダメージを与えてしまうのです。
紫外線を浴びるとすぐにツヤがなくなったり、枝毛が生じたり。
お肌のバリア機能の低下によって、頭皮が傷つきやすい状態となります。
いずれにせよ、頭皮の状態がオイリー、乾燥に傾いてしまうのはいけないのです。
適度な油分が浮いて保湿されている状態が好ましいです。
また、血行がよいと保湿力も高まるため、シャンプーをしたあとにマッサージする習慣を身に付けましょう。
マッサージは難しいものではなく、指で頭皮を回転させるように刺激します。
血行が促進されると代謝もよくなり、ニキビが発生しにくくなります。
自己流の対策で改善しない場合は、エステやクリニックに相談しましょう。

Copyright 2015 頭皮ケアの大切さ All Rights Reserved.